0120-58-8746
9:00-18:00 無休(夏期及び年末年始除く)
無料資料請求
01

140回の実験をクリアした
「耐震工法」

140回の実験をクリアした「耐震工法」
震度7の地震が2回、震度6の地震が5回、発生した熊本地震。大きな揺れがここまで続けて襲うこともあることを日本に住まう私たちは知りました。 一度の大きな揺れを何とか乗り越えたとしても、建物の変形による損傷で、二度目以降の揺れに耐えられなくなるようでは、本当に「地震に強い家」だとは言えない。 パナホームでは繰り返し地震にも耐えることは、当たり前の前提とし、変形を小さくすることで建物の損傷を抑えることを目指してきました。
Points

パナホームの構造 5つのポイント

  • 1. 地震エネルギーを吸収する「新鋼材」

    1. 地震エネルギーを吸収する「新鋼材」
    住まいを芯から強くするために。一般の鋼材に比べ、約2倍の伸び性能を持ち、地震エネルギーをいち早く吸収する、新しい鋼材を開発。
  • 2. 建物の変形を抑える「複合型斜材」

    2. 建物の変形を抑える「複合型斜材」
    高層ビル向け制振技術の応用に成功。鉄の強さを最大限に引き出す、パナホーム独自のテクノロジー。
  • 3. 繰り返し地震にも強い「高耐力制振フレーム」

    3. 繰り返し地震にも強い「高耐力制振フレーム」
    新鋼材の力と「座屈拘束技術」で、繰り返し変形性能実験でも、耐力性能がほぼ低下しない真の強さへ。
  • 4. 地震にも抜けにくい「M24アンカーボルト」

    4. 地震にも抜けにくい「M24アンカーボルト」
    揺れにくく、変形しにくい構造体となったとき、地震のエネルギーが次に襲うのは建物と基礎の接合部。ここにも抜かりはありません。
  • 5. 設計の自由度を高める「15cmモジュール」

    5. 設計の自由度を高める「15cmモジュール」
    真の強さから生まれた大きな自由。規格化を追求してきた工業化住宅の常識を打ち破る業界最小モジュール対応。
実際の建物を用いた震動実験では、東日本大震災や阪神・淡路大震災、新潟・中越地震などの大地震を57回、中地震83回を含む実験を行いましたが、その結果、建物や構造体に目立った損傷はなく、繰り返す地震への強さを実証しました。 本当の意味で地震に強い家でお客様の安心と安全を守ります。
02

お子様の健康を守る
「空気環境」

お子様の健康を守る
	 							「空気環境」
妊娠中のママ、赤ちゃん、子どもが最も多く過ごすのが家の中。 しかも小さな子どもは大人の2倍空気を吸っています。 だからこそパナホームでは室内の空気の質を高めることを大切にしています。
Points

パナホームの構造 5つのポイント

  • 1. 床下空間を利用した「地熱活用」と「空気浄化」

    1. 床下空間を利用した「地熱活用」と「空気浄化」
    夏は涼しく、冬は暖かい地熱を取り入れたい。舞い上がる粉塵は家に入れたくない。いい空気は、床下にありました。
  • 2. PM2.5の侵入を防ぐ「超高性能フィルター」を採用

    2. PM2.5の侵入を防ぐ「超高性能フィルター」を採用
    医療現場や精密機器の工場で使用されるフィルターを換気システムに使用。
    PM2.5はもちろん、PM0.5にも対応。
  • 3. 稚内珪藻土による調湿性能に優れた「壁」

    3. 稚内珪藻土による調湿性能に優れた「壁」
    梅雨時の多湿、冬の乾燥という気候特性を持つ日本。湿度のコントロールに力を発揮したのは、北海道稚内の珪藻土でした。
  • 4. 世界基準の空気質の証「グリーンガード認証」

    4. 世界基準の空気質の証「グリーンガード認証」
    室内空間における化学物質の放散を抑える。パナホームの徹底した空気対策が、厳しい認証を世界で初めて取得しました。
  • 5. 全館空調の常識を覆す「快適・真空調」

    独自開発の「高効率専用エアコン+換気システム」で、家中を空調。各室個別の温度調整も可能にし、省エネも実現した全く新しい空調システム。
このような設備・設計で皆様のご家族の空気環境を守ります。
03

20年、30年と
「資産価値を保つ家」

20年、30年と
								「資産価値を保つ家」
家を建てる時、建築費に目が行きがちですが、注目するのは建築費だけでいいのでしょうか? 20年、30年と住まうにあたり、定期的なメンテナンスコストや毎月かかる電気代、エネルギー代などの生活費を抑えることも重要ではないでしょうか? 私たちは、価値が衰えることなく持続し、「住んでからのお金がかかりにくい家」であることを大切にしています。
Points

資産価値を保つ家 3つのポイント

  • 1. くらしを守り続ける外壁の性能を向上

    1. くらしを守り続ける外壁の性能を向上
    強く、美しく。どんなときも。家は、厳しい外部環境からくらしを守るシェルターでなければならない。 一般的な住宅の場合、10〜15年周期で外壁の塗り替え工事を行う必要があります。塗り替えにかかる費用は様々ですが、100万円以上かかるのも一般的です。私たちが用いるタイルは塗り替え作業も必要ないのでメンテナンス費用を低減することができます。
  • 2. エネルギーの自給自足を目指すスマート技術

    自分で使うエネルギーをできるだけ少なくし、自らエネルギーを創り出す。目指すは地球の未来を考えた、一歩先をゆく住まい。
    もちろんZEHに対応した住まいです。
  • 3. 最長60年間の充実保証制度

    3. 最長60年間の充実保証制度
    構造耐力上、主要な部分は、初期保証20年に加えて、最長60年の長期保証にも対応。ずっと安心をお届けします。
60年長期保証延長システム
60年長期保証延長システム 60年長期保証延長システム
頑強で耐久性に優れ、長期視点の品質にこだわり続けるパナホームだから可能な安心の60年長期保証延長システム。
60年長期メンテナンスサポート
60年長期メンテナンスサポート
お引渡し後2年間は「アフターサービス」の期間とし、定期的にお住まいに関するアドバイスや時期に応じた点検・調整を行います。アフターサービス期間以降も、フレッシュアップ点検(最長60年目まで)を通じてお住まいの経過年数に合わせたメンテナンスのご提案や部品交換などのサポートを実施いたします。また、将来のリフォームも安心。経年劣化の状況やライフスタイルの変化に応じたリフォームのご要望にきめ細かくお応えし、末長く快適なくらしをご提案します。

PRESENT

TECHNOLOGY BOOK

「価値が持続する家」というコンセプトの元
「価値が持続する家」というコンセプトの元、
数多くの実験を行って性能を追求しています。
性能の詳細はテクノロジーブックに まとめていますので、ぜひご覧ください。